【MUP WEEK 11】高校生でも絶対できる!効率的な企画設計の作成スキル

【MUP WEEK 11】高校生でも絶対できる!効率的な企画設計の作成スキル

MUP WEEK11 アウトプットブログ

今回は企画設計スキルについての話です!

前回はロジカルシンキングの話をしました。
これは自分の頭の中に浮かんだアイデアを、

ロジカルに考えて形にしていくというものでした。

そして今回はその内容を資料、企画書などに落とし込んでいくスキルです。
簡単にいうと資料の制作スキルですね。

この資料の制作については、

うまく作るというよりもどれだけ効率的に作るかが重要です!

なぜ資料作成の効率化が重要なのか?

結論から言うと、

資料作成の時間は売り上げになりません。

売り上げを上げるためには資料作りは必要ですが、

資料を作る時間は売上げにならないため、できるだけ短時間で済ませたいですよね?

そのためのフレームワークについてアウトプットしてきます!

今回はクライアント向け(お客様向け)の提案資料についてアウトプットしていきます。

提案資料の構成


この流れで資料を作成していくべきなんですね。

前回もお伝えしましたが、

提案というのは契約に至るまでの一部になります。

下記の図の流れです。

今回は、その一部の提案について説明していきます。

資料を作成する際に必要なシュチュエーションが大きく3パターンあります。


先ほどもお話ししましたが、

今回はクライアント提案についてお話ししていきますね!

今回は株式会社LIMがマツダに提案した資料を参考に、

実際に私がクライアント様にお伝えしていく流れで説明をしていきたいと思います。

課題の定義

御社の持つ課題についてのページの作成です。

この時に重要なのが、目次をしっかりとつけるということが重要です。

今はこの話をしています、この内容を説明していますというように、

クライアントが道に迷わないように目次をつけましょう!

まずは御社が持つ課題についての定義です。

提案側は相手の課題を解決するために提案するんですよね?

なので課題を定義することが最も重要なんですね。

3つある課題に対して

それぞれについてどのように考えているか、説明していきます。

ここでも3つ出すことが提案に対する根拠を高めるためには必要なんですね!

 

課題解決スケジュール

先ほど定義した課題について解決していくために
スケジュールを作成します。


①受け皿の構築
②認知の拡大
③継続集客施策実施

↑このようなスケジュールで提案します!


 

受け皿の構築

なぜこの受け皿の構築を一番最初にしなければいけないか?

高額な費用をかけて広告やPRを行い、

その会社のHPを見たとしてもそれがズタズタのボロボロだったら

ただの流入でザル流しになるだけなんですよね。

だからまずはしっかりと受け皿となる何かの構築をしなければいけません。

そこから認知の拡大に入って、

受け皿にどんどん溜まっていった人に対して
継続集客施策の実施を行っていきます。

そして提案する際には今から何を話すのかを明確にすることが重要になります。

このような感じですね。

 

LIMの場合は、インスタグラム運用のノウハウがある。

そのノウハウを利用し、ゼロかの運用を行い、インスタ10万人の獲得を目指します。

というような目標を掲げます。


インスタグラムもある程度フォロワーがいないとフォロワーが増えていかないんですよね。

そんな状態でどのようなPRを行っても効果は薄いんですよね

認知の拡大

インスタの運用で受け皿が出来たら、

うちはこのようなことを考えているという企画を伝えてあげます。

LIMではMAZDA✖️インスタグラマーTRIPという企画を検討しています。


インスタグラマーを利用して、車を使った生活をもっと身近に感じられるようにするんですね。

このインスタグラマーにも車を買いそうな年齢層に対してターゲットしなければいけません。

そのため、高校生のフォロワーが多いインスタグラマーをキャストで使用しても効果はないんですね。

そこでもシステム分析を行いしっかりとキャスティングも選定していきます。

継続集客施策

インスタグラムのアカウントはあくまでも受け皿です。

そこから様々な記事や特集から広く拡散し、認知させていきましょう!


このような形で、

インスタ以外のTwitterやFacebook、雑誌など様々ん媒体で拡散できるような施策を考えていきます!

これらのようなことを行うことで、

将来的にどのような効果があるのかも明確にします。

費用比較


広告に関しては
1Viewごとのコストで見なければいけません。

そこについても、ポスティング、雑誌、リスティング、看板などと比較します。

LIMのインスタマーケティングシステムでは圧倒的にそれが安く行うことができます。

そこから全体の見積もりを提案します。

このような感じのフローで提案することで、

簡単で完結で分かりやすくなります。

このような手順で話をしていくことで、

インスタグラムの運用は難しくない!
面白そうだし、資産になるね!

というのをインスタグラムが分からない人でも理解することができます。

 


相手の上司にうまく伝えさせろ!


ここで重要なのは、

この企画を社内の責任者などに対して説明できるかどうかなんですね。

こちらから企画内容を提案します。
その後、提案した相手が自分の上司にどのようにうまく伝えることができるか?

が非常に重要になります。

もし下記の図のように営業同士で話したとしても、
相手側の8割は決済者じゃないんですね。
だから、相手の営業マンが上司に説明できるような流れで提案をしていかなければいけません!

社内や投資家向けの資料作成手順

社内・投資家向けの資料作成や提案については、
下記の図のような順で話していきます。


↑↑
この内容については、また後日詳しくアウトプットしていきますね!

 

最後に

今日は企画設計スキルについてアウトプットしていきました!

一番重要なのが、

提案書を作成する際に、どのような順で行うかが重要になります。

なので最初にお見せした

結論から始まる順番で行っていくことが重要になります!

これで私も、みなさんもうまく企画書を作成することができ、

うまく相手に提案することができると思います!

営業やそういった提案を行ったことはありませんが・・・笑

教師といえど、企画書の作成や提案ぐらいはできないといけませんよね。

目指せインテリ体育教師!!!